厚生労働省が認可した「医薬部外品」の美白成分一覧はコレ!

477PV

シミ・美白

みなさんは何を基準に美白化粧品を選んでいますか? たくさんある美白化粧品の中からたった1つを選ぶのはとても難しいのですが、1つだけ絶対に見落としてはいけないことがあります! それは、「美白成分がきちんと配合されているかどうか?」ということ。 下に挙げる「美白成分の一覧」で、是非、美白成分をチェックしてみて下さい。

保湿力抜群!プルプルな潤いが持続する日焼け止めランキング

660PV

UVケア

日焼け止めを塗った肌は乾燥しがち・・・。 高保湿をうたう日焼け止めも多い中、本当に保湿効果があるのか検証! 今大人気のジェルタイプはプルプルしていかにも潤いそうな感じがするのですが、テクスチャーと保湿力はイコールではないことが分かりました。 ジェルタイプは塗布直後の数値は高く、塗った瞬間は潤いますが、80分たつと数値がガクンと下がってしまい持続力は低いよう。 逆にサラッとした乳液タイプの方が、長く同じ数値をキープできていて、保湿力の面えはジェルタイプより優秀です。

日焼け止めのジェルとミルクの違い!結局どのタイプが一番いいの?

1089PV

UVケア

日焼け止めには、ローション、ミルク、クリーム、ジェル、スプレータイプと、今やたくさんありすぎて、いったいどのタイプを選べば良いの?といろいろ迷ってしまいますよね。 そこで、今、人気のジェルタイプと昔からあるミルクやクリームタイプの違いについてご説明します。

食事からの紫外線対策!抗酸化物質を多く含む食品の種類一覧

600PV

UVケア

紫外線対策は、日焼け止めクリームを塗る外側からの対策と、抗酸化物質を含む食品を摂取する内側からの対策を積極的に行うのがオススメ。 抗酸化物質を多く含む食品の種類一覧を参考に、抗酸化物質を含む食べ物をたくさん摂って、紫外線と老化を予防していきましょう。

春でも曇りでも日焼けする!日傘だけもNG!見落としがちな紫外線対策の極意

663PV

UVケア

紫外線の量がピークに達するのは夏の7~8月。 日本には四季があり、夏以外は紫外線対策をあまりしない・・・という人も多いのですが、紫外線は1年中降り注いでいて、紫外線が降り注がないのは夜だけ! しかも、日常生活の中で見落としがちな紫外線がたくさんあります。 曇りの日でも日焼けするし、日傘や帽子だけの紫外線対策だけでも日焼けしてしまうのです。 ただ、1年を通して、紫外線の量が一定ではないので、春・秋・冬は夏ほど最強の紫外線対策をしなくていいのも事実。 季節や生活シーンで日焼け止めを使い分けるのがオススメです。

顔の日焼け止めの塗り方&塗り直し方法~量・順番・頻度が重要ポイント

588PV

UVケア

日焼け止めの塗り方や塗り直しが間違っていると、せっかく日焼け止めを塗っているのに、塗っていない状態と同じになり、効果がありません。 ポイントは、日焼け止めを塗る順番をしっかり守り、規定の量をたっぷりつけること! また、日焼け止めの塗り直しは、時間の間隔と頻度が大事。 メイクの上から塗り直しするには、パウダーファンデーションかフェイスパウダー(おしろい)を使いましょう。

ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)日焼け止めのおすすめ人気ランキング

759PV

UVケア

ノンケミカルとは、紫外線吸収剤不使用という意味で、ノンケミカルの日焼け止めは紫外線吸収剤が配合されていません。 最近の日焼け止めはSPF50やPA++++などSPFやPAの値がとても高めの日焼け止めが主流になっていますが、これらの日焼け止めは必然的に「紫外線吸収剤」の配合が多く、肌に負担となりがちなので、最高数値の日焼け止めを日常的に使うのは、肌への負担を考えるとあまりオススメできません。

日焼け止め効果の成分 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のメリット・デメリット

626PV

UVケア

日焼け止め化粧品に配合されている日焼け止め効果のある成分には、大きく分けて「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。 日焼け止めを選ぶ時に、この2つの成分の違いを正しく理解しているかどうか?がとても大事! また、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルの日焼け止めについてもご説明します。 メリット・デメリットを理解した上で、自分の肌に必要な紫外線カット力を備えた日焼け止めを選びましょう。

日常使う日焼け止めがSPF30や50の違いだけでは効果が変わらない理由

614PV

UVケア

最近では本当にさまざまな日焼け止めが発売されていて、種類がたくさんありすぎてどの日焼け止めを選べば良いか分からない・・・という人も多いのではないでしょうか? 迷わず日焼け止めを選ぶ基準は、まず「SPF」と「PA」の表示があることが絶対条件ですが、日常でSPFやPAの値が高い日焼け止めを使うのが必ずしも良いとは限りません。 そして、自分の肌質や外出する場所に応じて「SPF」と「PA」の値をきっちり決めることが大事! SPFとPAの違いを正しく理解して、自分に合った最高の日焼け止めを選びましょう。

ページの先頭へ