日焼け止め化粧品に配合されている日焼け止め効果のある成分には、大きく分けて「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。
日焼け止めを選ぶ時に、この2つの成分の違いを正しく理解しているかどうか?がとても大事!
また、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルの日焼け止めについてもご説明します。
メリット・デメリットを理解した上で、自分の肌に必要な紫外線カット力を備えた日焼け止めを選びましょう。

日焼け止め 紫外線吸収剤 画像

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤とは、紫外線をを吸収する化学物質のこと。

メリット
紫外線カット効果が高い。

紫外線吸収剤は透明のオイル状成分なので、この成分が主になっている日焼け止めは白くなりにくく、伸びが良いのが特徴。

また、たくさん配合しても色がつかないので、SPFやPA値が高い日焼け止めが多い。

デメリット
紫外線を吸収して肌を守りますが、紫外線を吸収する際に、肌の上で化学変化を起こすので、敏感肌の人にとっては刺激が強く、肌荒れやかぶれを引き起こすことがあります。

紫外線吸収剤の主な成分

●紫外線A波(UVA)吸収剤
パルソールA、メギゾリルSX、テレフタリリデンジカンフルスルホン酸

テレフタリリデンジカンフルスルホン酸
ロングUVAを吸収する紫外線吸収剤。
構造が不安定で変質しやすいので、配合量が増えると皮膚への負担が懸念されます。

●紫外線B波(UVB)吸収剤
オキシベンゾン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
UVBを吸収する際に熱エネルギーを放出するため、配合量が極端に多いと刺激や乾燥の原因になります。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤とは、紫外線を肌の上で反射する働きをする物質のこと。
紫外線散乱剤の成分が鏡のように肌の上に膜をつくり、紫外線を跳ね返して紫外線のダメージをブロックします。

メリット
化学変化を起こさないので、紫外線吸収剤より刺激が少なく、肌にやさしいのが特徴。

デメリット
紫外線散乱剤は白い粉末のため、多く配合すると色が真っ白になるので、この成分が主になっている日焼け止めは、SPFやPA値があまり高くない日焼け止めが多い。

また、厚く塗ると粉っぽくなったり白っぽくなったりしやすく、粉が皮脂を吸着するので、肌が乾燥する原因になることもある。

紫外線吸収剤の主な成分
酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム、カオリン(陶土)、タルク(滑石)など。

ノンケミカルの日焼け止め

ほとんどの日焼け止めは、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を組み合わせてつくられたミックスタイプですが、酸化チタンや酸化亜鉛といった自然由来の紫外線散乱剤のみを使い、紫外線吸収剤を使っていないタイプのものを「ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)」といいます。

紫外線吸収剤を含まない日焼け止めには「ノンケミカル」「紫外線吸収剤フリー」という表示があります。

ノンケミカルの日焼け止め化粧品は、白い粉のようなものを含むため、顔塗ると白浮きしたり粉っぽく感じられるの欠点でしたが、最近は微粒子化の技術が進んだ結果、かなり改善されてきたようです。
また、ノンケミカルというとSPF20以下のものが多かったのですが、最近ではSPF50でも白浮きしないような日焼け止めも発売されています。

ノンケミカルの特徴は、酸化チタンや酸化亜鉛など、金属を酸化させたものの粉末を含みますが、これにシリコンコーティングなどを施して、肌に直接それらの粉が触れないようにしたものも開発されています。

日常使うにはどのタイプがオススメ?

SPF50の日焼け止めは、肌への負担を考えるとなるべく避けるのがベター。
普段日常に使う日焼け止めは、紫外線吸収剤の配合が少なく、紫外線散乱剤がベースに配合されていて、SPF20前後、PA++くらいのものがオススメです。

ただし、日中外で過ごすことが多い人や、肌が弱く、少し日に当たっただけですぐ赤くなるような人は、SPF30、PA+++くらい強めのものをオススメします。