日焼け止めには、ローション、ミルク、クリーム、ジェル、スプレータイプと、今やたくさんありすぎて、いったいどのタイプを選べば良いの?といろいろ迷ってしまいますよね。
そこで、今、人気のジェルタイプと昔からあるミルクやクリームタイプの違いについてご説明します。

日焼け止め ジェル クリーム 画像

ジェルの欠点

効果が弱い
ジェルタイプの日焼け止めは、少量でも非常に伸びが良いのが特徴。
ですが、これがアダとなり、メーカーが推奨する規定の量をきちんと塗れていないことが多いのです。
ジェルタイプの日焼け止めを使用する際、ついつい薄く伸ばしていたりしませんか?
結果的に、日焼け止めに表示されている数値よりも防御力が弱くなってしまい、紫外線防止効果が落ちてしまいます。

「日焼け止めは、とりあえず塗っておいたら安心!」と思っている人は、意外に多くて、実は私もそうでした・・・。
ジェルだとス~ッと肌に伸び、使用感はサラッとしているので、肌に何かを塗っているという重たい感じがしない点が人気の理由のひとつですが、日焼け止めは厚めに塗らないと効果は弱くなります。
むしろ、あまり伸びがよくないタイプの日焼け止めの方が、表示されている数値に近い防御効果を発揮してくれるのです。

肌への刺激
ジェルタイプの日焼け止めの主成分は「水」ですが、これだけではオイル状やパウダー状の紫外線防止剤を安定して配合するのは難しいため、これらの成分を溶かし込むために「エタノール」や「DPG(ジプロピレングリコール)」などのアルコール系の溶剤を多めに配合する必要があります。

エタノールやDPGは、さっぱりとした使い心地に加え、保湿成分としても働くので、多くのジェルタイプの日焼け止めに配合されていますが、これらは肌への刺激が強いのが特徴
エタノールは、お酒の主成分で、皮膚への刺激があり、DPGは、肌、特に目への刺激が強く、両者とも敏感肌とは相性の良くない成分です。

肌にやさしい日焼け止めは「ミルク」か「クリーム」

ローション、スプレー、ジェルタイプは、ベタつきや白浮きがないため人気ですが、ほとんどのものが肌に刺激になりやすい紫外線吸収剤を主成分としています。

それに比べ、ミルクやクリームタイプは、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルタイプのものが多く、肌にやさしいです。

中でもオススメの日焼け止めが、サンスクリーンミルク UVマイルド(ちふれ)

主成分が、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、イソノナン酸イソノニル、スクワラン、酸化亜鉛。

icon-maruシクロペンタシロキサン・・・時間が経つと揮発するため皮膜が残りにくいシリコンオイルで、サラッとした使用感。

icon-maruジメチコン・・・水にも油にも強い被膜を作るので保湿効果が高い。

icon-maruスクワラン・・・炭化水素油を主成分としたオイルで、低刺激な保護油。

このちふれのサンスクリーンミルクは、肌の上で水分と油分が分離する二層タイプで、水分はすぐに蒸発してオイルだけが残り、水で流れにくいウォータープルーフタイプ。
クリームタイプより、汗をかいても流れにくい処方になっています。
SPFも33と高くないので、普段用にはもってこいの日焼け止めと言えるでしょう。