紫外線の量がピークに達するのは夏の7~8月。
日本には四季があり、夏以外は紫外線対策をあまりしない・・・という人も多いのですが、紫外線は1年中降り注いでいて、紫外線が降り注がないのは夜だけ!
しかも、日常生活の中で見落としがちな紫外線がたくさんあります。
曇りの日でも日焼けするし、日傘や帽子だけの紫外線対策だけでも日焼けしてしまうのです。
ただ、1年を通して、紫外線の量が一定ではないので、春・秋・冬は夏ほど最強の紫外線対策をしなくていいのも事実。
季節や生活シーンで日焼け止めを使い分けるのがオススメです。

紫外線 曇り 日傘 画像

春・秋・冬のオススメ日焼け止め

夏ほど日差しが強くないから!という油断は禁物です。
春・秋・冬でもUVA・UVBともに降り注いでいるため、日焼け止めは必須アイテム。

夏に最強の「SPF50・PA++++」を使うなら、春・秋・冬の日常生活では「SPF20~30・PA++」程度の日焼け止めで十分!
ノンケミカル(紫外線吸収剤)の日焼け止めであっても、肌に少なからず負担をかけるので、SPF・PAともに値が低めのマイルドな日焼け止めを使うようにしましょう。

見落としがちな紫外線に注意!

紫外線は季節や時間帯によって量に違いはありますが、天候にかかわらず、1年中降り注いでいます。
でも、意外と見落としている紫外線がたくさんあります。
紫外線量がゼロになるのは「夜」だけ!と心得て、しっかりUV対策を行っていきましょう。

曇りや雨の日

晴れの日の紫外線を100%とすると、薄曇りの日は80~90%、曇りの日は60%、雨の日は30%
曇っていても、紫外線は雲を通過して肌にダメージを与えます。
たとえ外にいる時間が短かったとしても紫外線対策は必要です。
曇りの日も雨の日も、油断せずUVケアをしましょう。

朝や夕方

紫外線量のピークは10~14時ですが、UVBはその時間帯に照射量が特に高まるのに対し、UVAは日の出から急激に上昇していき、日の入りまでかなりの量が振り注いでいるので、朝・夕方も油断は禁物です。

室内

UVAは窓ガラスを通り抜けるので、室内にいても紫外線を浴びているのです。
特に窓際で過ごす場合は、紫外線対策は必須!
日焼け止めクリームじゃなくても、日焼け止め効果のある下地やパウダーファンデションだけでもOK!
外出しない日でもきちんとUVケアを行いましょう。
オフィス、電車や車などでの紫外線対策も同様です。

日陰

まっすぐ地表まで届く「直射光」、空中で四方八方に広がってから地表に届く「散乱光」、道路などから跳ね返ってくる「反射光」など、あらゆる方向から紫外線が当たります。
そのため、日陰にいても散乱光を浴びてしまいます
直射光に対する散乱光の割合は60%と、散乱光の量もあなどれないので、紫外線対策が必要です。

icon-posting-midashi地上に達する紫外線反射率
新雪・・・80%
砂浜・・・10~25%
アスファルト・・・10%
水面・・・10~20%
草地、土・・・10%以下

日傘や帽子

日傘や帽子で紫外線対策をしているから日焼け止めは塗らない・・・という人もいますが、日傘や帽子だけではNG!
日傘や帽子で防げるのは「直射光」だけ
アスファルトの地面や建物の壁面に反射した散乱光は、肌に容赦なく跳ね返ってきます。
日焼け止めを塗って散乱光をブロックしつつ、日傘や帽子で直射光をブロック、が正解です。

長袖の洋服

例えば、長袖の洋服でもざっくりと編んだセーターであれば、紫外線は編み目を通過します。
紫外線をしっかりカットするなら、ポリエステルか綿素材の目が詰まっている厚手の洋服を着るようにしましょう。
夏に厚手の長袖の洋服を着る・・・ということは、現実的に厳しいので、上から羽織れるものを持ち歩くか、ネックウォーマーをつけて紫外線対策をしましょう。
さらに、日傘、帽子、サングラス、スカーフなどの小物類で紫外線を防御するとなおGOOD!

生理前

生理前は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響で日焼けしやすくなります
卵胞から排卵が起こると、そのあとに黄体というものができ、黄体ホルモンを分泌するのですが、これはシミだけでなく、ニキビの原因にもなります。
日焼け止めを厚めに塗る、UV効果のあるファンデーションを重ねるなど、普段よりもUVケアをしっかりと行いましょう。
妊娠中やピルを飲んでいるときも同様です。