ノンケミカルとは、紫外線吸収剤不使用という意味で、ノンケミカルの日焼け止めは紫外線吸収剤が配合されていません。 最近の日焼け止めはSPF50やPA++++などSPFやPAの値がとても高めの日焼け止めが主流になっていますが、これらの日焼け止めは必然的に「紫外線吸収剤」の配合が多く、肌に負担となりがちなので、最高数値の日焼け止めを日常的に使うのは、肌への負担を考えるとあまりオススメできません。